<< レースを振り返って 〜チームJPMH〜 | main | K2さん、ありがとう〜! >>
「ルーツ・ザ・原チャリ26周年コラボ企画」8耐だよ全員集合!!
0

    さてレース。
    本場1週間前の26日の天気予報は雨・・・。
    まぁ。梅雨時期だからねぇ。
    しかし、だんだんと予報は晴れに変わっていく♪
    いいぞぉ〜!
    用意は金曜日までにして、土曜の早朝から現地入り。
    カブ丸くんは一番乗り!
    しかし先客がもう並んでいたとこの事。(スゲーや)
    メンバー5人が揃って本番前の練習デス。
    前日はとにかくマシンを壊さずに本番に備えます。
    明日の事を考えると緊張してしまうんで、とにかく慎重に。
    午前中は曇ってたけど路面はドライ。いい感じですぞ♪
    しかし午後から雨がポツポツと・・・。
    「なぁに、明日は晴れるよ」と安心していたのですが・・・。

     

    無事練習が終わり日が暮れれると、あちこちで酒盛りが始まった。
    それはそれで楽しい時間の始まりデス♪
    モータヘッドサイクルショップの店長もお店が終わって夜遅くに合流。
    JPMHの前夜祭がスタートです♪

     

    どうやら雨も止んだ。
    明日、みんな無事にレースを終えますように♪
    ほろ酔いの中、曇り空に願いをして車の中で就寝です。

     

    そして夜が明けた♪
    当日の朝6時に目が覚めまる。
    というより、まわりのチームがゴソゴソ動き出していて、つられて起きちゃった。
    レーススタートは12時20分。
    空模様も大丈夫♪
    まだ時間はあるよなぁ、と思っていたら、あれよあれよという間に時間は過ぎてします。
    ピット搬入、ウォーミングアップ走行、ライダーズミーティング、ミニライブ。
    次々とスケジュールが進みます。
    ミニライブで歌っていたサザキヒロシさん。
    その熱い歌とメッセージに、もうウルウルきてしましました・・。
    「アカン、まだ終わってないゾ!」
    気持ちを引き締め直します。

     

    ピットの裏で皆で円陣を組み、気合の雄たけびを挙げ、いよいよレーススタートです!
    第1ライダーはカブ丸くん。
    ルマン式スタートなので、第2ライダーの僕がマシンを支えます。

     

    12時20分
    そしてカウント10が始まる。
    10,9,8、7、6、5、4、3、2、1・・・スタート!!
    走ってきたカブ丸くんがマシンにまたがりキックを入れる。
    すかさず僕はマシンを目一杯押してコースに送り出す。
    やった〜、バッチリや!!
    素晴らしいスタートだった♪
    前日、カブ丸くんは何度もスタート練習をしていた。
    練習から本番への糸が見事に繋がってます。

     

    ピットからは前半のコースが見え辛いので様子がよく分らないが、オープニングラップの後半にゼッケン6のマシンを見た時、JPMHのピットは騒然となる。
    トップはピンクのカブFI。これはもう練習の時から脅威の速さを見せ付けていた。
    これは仕方がない。
    しかしそれに驚いたのではなく、そのすぐ後ろにゼッケン6のカブ丸くんが食いついていたのである。
    〜全身サブイボが立つとはこういう事なのか!〜

    瞬間、回りの音が消え、視界にはゼッケン6だけが目に映る・・・。
    なんとオープニングラップは2位なのである。
    オーラをまとったその雄姿、最高にカッコよかったですゾ♪

     

    働くバイクの祭典、8耐だよ全員集合!!
    レースの趣旨は「楽しく」であるのだけれど、H監督以下チームJPMHは真剣に取り組んだ。
    「うまくいけばきっと上位に食い込めるはず」
    でも、いやしかし・・・・。
    不安と期待・・・。
    上がりたい・・・、表彰台!!

     

    快調に周回するJPMH号とカブ丸くん。
    2番手は僕。
    この流れを途切れる事なく乗っていかないと!
    しかし油断は禁物。
    胆大心小に、集中していこう。

     

    35台の働くバイクが近スポで周回を重ねている中、とにかく集中して僕も走りました。
    決して無理をせずに・・。
    天気も最高、JPMH号も絶好調♪

     

    1回目の走行時間は、あっという間に終わった。
    3番手は、いちさん。
    いちさんもいいぞぉ〜♪
    この時点で2時間が経過。まだ6時間もありマス。
    走り終えた僕にH監督から注意が・・・。
    聞くと、ピットレーンのスピード違反を僕はしたらしい。
    げっ、罰則はどれくらいなんだろうか・・・・・。
    この事は、ずっと僕の頭から離れないままだった。

     

    いちさんの磐石の走りで終え、つぎのWクンにバトンタッチした。
    Wクンのガッツ溢れる走り。僕ァ、好きなんだなぁ♪
    考えれば親子程の年齢差もある。
    ついつい微笑ましく見てしまうんだよね。

     

    順調に走り出すJPMH号。
    Wクンから5番手のMクンにマシンは委ねられた。
    最初みんなが心配していたMクンは、それを吹き飛ばす走りでみんなを安心させてマス。
    ええがな、ええがなぁ〜♪

     

    ここらあたりで雲行きが怪しくなって、ポツポツと降ってきた・・・。

     

    2順目に入り、カブ丸くんが走る。
    彼は1回目の走行後、腰痛が悪化・・・。
    急遽、ボディメンテのヨシコハル先生が念入りにマッサージしてくださいました。
    先生はメンバー全員の走行後もケアして頂いていて、そのお陰で2回目の走行も問題なく走れました。
    2回目って、結構疲労が残ったままなんですが、今回は全然違ってた事に非常に驚いています。
    ヨシコハル先生、ありがとうございます!!

     

    腰痛を抱えながら、でも気合の走りを見せるカブ丸くん。
    そして僕も2回目に入ります。
    このあたりで雨は止み路面はドライに。
    マシンは最高。体も問題なし♪

     

    しかし、空の問題が・・・。
    次のいちさんの時に本格的な雨になり、路面は完全ウェットへ。
    僕的には、いちさんの2回目が一番ツラかったと思ってます。
    しかし、磐石の走りは雨の中でも集中力が切れずにWクンと交代した。
    いちさん、サスガですゼ♪(僕ならコケてました〜)

     

    ここで、ちょっとハプニングが。
    Wクンが走る前、雨雲で急に空が暗くなったのでオフィシャルからクリアーシールドの装着が指示された。
    Wクン、クリアー持って無い!!
    急遽、応援に駆けつけてくれたモーターヘッドサイクルショップのお客さんのヘルメットを借りて事無きを得た。
    有難い。こういうのって、ほんと有難い♪
    心意気が、嬉しい。

     

    このあたりで、なんだか急に涙腺が緩み始めて・・・、
    オイオイ、一体どうしたんだい?って感じですが♪
    メンバーの走り、ピットでのH監督、モーターヘッドサイクルショップの店長、カッパさん、ももすクン、キミトくん、K2さん、Tさん、Sさん、さるぼぼクン、ヨシコハル先生や応援の皆さん。
    みなさんの顔を見るたびに、なんだか胸が一杯になってきちゃって・・・、
    「まだ、終わってない!」
    気持ちが込み上げてきそうになる度に、自分に言い聞かせる。
    何度も、何度も・・。

     

    借りたヘルメットで無事に帰ってきたWクン。
    あとはMクン、君に全てを託したゾ。
    あと1時間弱。
    雨は止んできたけど、慎重に走ろう。
    皆で大団円を迎えるのだ!

     

    順位はメーターの走行距離で計測するので何位か分らない。
    ドキドキするが、それもこのレースの面白いトコロ。
    ハンデもあって、見ただけでは見当がつかない。
    しかし確実にゴールは近づく。
    残すとこ10分くらいで全員ピットを飛び出した。
    規則には違反するが、もういいでしょう。
    残り少ない時間を周回するMクンに、みんなで手を振り応援した。
    ・・もう泣きそう♪

     

    そしてゴールの20時20分。
    チームJPMHは無事8時間を走り終えました!
    後で聞いたが、参加した全35チームが完走した事にビックリ。
    隣のピットのチームはレース序盤で大クラッシュしていた。
    フォークが曲がってるのを見て、誰もが諦めていたのを必死で修復。
    そのチームも完走していた。
    他にもトラブルがあったチームも完走。
    なんてスゴイ♪
    みなさん、素敵です。

     

    最後の1周はパレードラン。
    35台の働くバイク。全てがカッコ良かったなぁ♪
    最後の計測を終えて帰ってきたMクンとJPMH号。
    全員でモミクシャにして出迎え、Mクンを胴上げした。
    Mクン、体重が軽いのでメッチャ高く飛んじゃってヒヤっとしましたケドね。
    次にH監督、そしてモーターヘッド店長の胴上げが続く。
    良かった、ほんと良かった♪
    あたりでは、あちこちで歓喜の輪が出来上がっていた。
    そりゃあ、そうだ。みんな同じ気持ちだもんね。
    皆さんお疲れ様でした!

     

    さて表彰式。
    順位の判断は各車のメーターによる走行距離とハンデ、それにレース中の減点で計算されます。
    ここにきて、僕のピットレーンでのスピード違反が頭をよぎる・・・。
    自動遠心クラスの表彰は最後。
    次々と表彰されるクラスに拍手はするのだけど、僕は上の空でカラ拍手。
    とうとう最後の自動遠心クラスの発表がキタ。
    自分的には3位に入れたらと密かに思っていたが、3位は別のチームだった。
    それを聞いて、かなり落胆している中、2位の発表が・・・。

     

    「第2位、ゼッケン6番、ジュンパワー&モーターヘッドチーム!!」

     

    聞いた瞬間、自分で何を叫んだか分ってないけど、何かを叫んで飛び上がった!!
    メンバーも、やはり何かを叫んで立ち上がっっていた♪
    表現しようのない、溢れ出る感情が一気に吹き出た感じだった。
    そして、みんなで表彰台に上がりました。
    監督やモーターヘッド店長はじめチームみんなの心意気と一緒に上がりました。
    みんなを代表して少し喋らせてもらいましたが、何を言ったか忘れちゃった。
    だって、込み上げる感情が凄くて言葉に出来ないんだもの〜♪

     

    あぁ、こういうのなんだ。「言葉に出来ない」って♪

     

    ジュンパワー&モーターヘッド。
    これがエントリーしたチーム名です。
    略して「JPMH」
    チームJPMHに拘った全ての方々に心から申し上げます。

    ほんとうにありがとうございました!!


    (終わってから)
    片付けの時、今度はたまらなく寂しい気持ちが湧いてきて苦しかった。
    あんまり寂しいもんだから、みんなと握手したりハグしたりしちゃった♪
    でも、やっぱり終わっちゃった寂しさは変わんないんだけどね。
    それだけメッチャ楽しかったということですね。

    チームJPMH
    素晴らしい思い出をありがとうございました!!

    カテゴリ:カブ | 18:50 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    こちらこそ、お誘い頂ありがとうございます&#10071;笑
    いい思い出になっちゃいました。
    モタヘの店長にもみんなで頑張ったサプライズが出来て良かったです&#127925;( *´艸`)
    ありがとうございました。
    | いち | 2016/06/28 8:39 PM |
    読み進むにつれて目頭が熱くなりました、、

    祝勝会が楽しみです(^^)
    | カブ丸 | 2016/06/28 9:34 PM |
    いちさん、カブ丸くん、メンバーに入ってくれて本当に有難う!!
    モタヘのサプライズ、大成功でしたね!
    いちさんが、一番気にしてたんじゃないかなぁ♪
    カブ丸くん、腰は大丈夫ですか〜?
    今度はみんなで祝勝会ですね。
    また、騒ぎましょう♪
    | くろすひ | 2016/06/29 10:34 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://crosby.j-reccs.jp/trackback/1245159
    トラックバック