<< マッドマックスプリウス | main | 動く? XJ400 >>
400SS アウターチューブ
0

    このSシリーズには、元々右側用のブレーキ取り付け位置が無く、400SSをダブルディスクにするには色々と問題があったんですが、その中のひとつで左用のアウターチューブをそのまま平行移動して右用にしました。
    その時にフェンダーステーが外側に向いてしまうので、削ったり溶接したりしてフェンダーが付けられるようにしてもらいました。

    今日はその後です。
    どうもフロントサスの動きがおかしいので、フォークをはずして単体で動きを見て愕然。
    加工した右側が全然動いてませんでした。普通フォークのトップボルトを外したらインナーチューブは軽く動くモンですよね。
    全然動きません。あきらかに歪んでますな。
    何とかなるか?


    カテゴリ:カワサキ 400SS S3 | 13:51 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    ご無沙汰しております。
    フロントフォーク、心配ですね。
    早く原因が究明され、改善されるとイイですね。

    私のSSもやっとならしが終わり、先日「全開?」走行をしました。
    エンジンは快調そのもので焼き付きの兆候は全く無く、BWMのF650CS(結構速い方)が「そこそこ」のペースで走るのに何とかついて行けました。
    車体の剛性不足からくる、不安定な挙動にもだいぶ慣れてきました。
    ブレーキの効きは相変わらず甘いのですが、コーナー進入時の減速には十分であることは分かりました。

    私もくろすひさんのようにダブルディスク化できないか、思案しています。
    | ER_Kicker | 2010/01/21 6:42 AM |
    ER_Kickerさん、どうもです♪
    この厳しい季節に走ってるなんて・・・なんと素晴らしい!
    なるべく純正風にするのに400SSのダブル化でKH(250か400)の左のアウターチューブを両側に使ったんですが、そうるすと右側がフェンダーのボルト取り付け穴が外側を向いてしまうんです。
    そこでショップにこの加工をお願いして溶接し直してもらって、見た目は純正風になんとか仕上がりました。
    今回の原因は、おそらく溶接時の熱等の歪みでインナーチューブがスムーズに動かないのでは?と思っています。
    アウターの中をうまいことホーニングできればいいんですが・・・。
    やっぱ、削ってカラーをはめるのが良かったかなぁ。

    自分のバイクは500と750なんですが、その2台と400SSを比べると街中では500より中低速があるし(ホントに!)、山では750よりも気持ち良く高回転まで回していけます。
    トータルバランスではこのS3が一番じゃないですか?
    | くろすひ | 2010/01/21 11:18 PM |
    400SSについては、納車に来た OLD TIME の方も「これが一番バランスいいですよ〜。」と言ってました。

    でも、昨年11月に 750SS に試乗させて頂く機会があり、それがすごく走りやすかったんです。
    オーナーの方とは初対面で、高回転を試すなど到底できるはずもなく、とにかく大事に大事に乗りましたので、それ以上は分からなかったのですが…。
    http://blogs.yahoo.co.jp/er_squadron/9512684.html

    とにかく400SSは車重が異常に軽く(R1150RSより約-70kg)、コーナーでは開けて曲がる楽しさがすごくあります。(但し、下りのコーナーではブレーキ性能の貧弱さから来る恐怖を何度か味わわせて頂きました。)
    | ER_Kicker | 2010/01/22 8:07 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://crosby.j-reccs.jp/trackback/1189834
    トラックバック